女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 無料 ネタバレ 1話 【唯一の癒しは、若くて美人な大家さん】

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

 

 

こんにちは!ミカです(*^^*)

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。1話を読んだネタバレ感想を書いていきます(^-^)ゝ

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。1話を読んだネタバレ

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。の第一話が始まりました。

 

 

 

登場人物の相川壮介は、高卒のフリーターで、住んでいるアパートは、ボロアパートでした。

 

 

 

お世辞にも綺麗とはいえません((((;゜Д゜)))

 

 

 

そこで、彼、相川壮介の唯一の癒しは、若くて美人な大家さん清水由紀との挨拶だけでした。

 

 

 

この清水由紀さんがとても美人なのです。

 

 

 

胸も大きくて、美人で私からしたら羨ましい限りです。

 

 

 

相川壮介が仕事から帰ってくると、清水由紀さんは、「今日は夜勤だったんですか?いつもお疲れ様」と言ってくれます。

 

 

 

そんな清水由紀の言葉と笑顔に、ドキドキする相川壮介です(*´∀`)

 

 

 

相川壮介が夜勤明けで寝ていると、上の部屋からドンッドンッと物音が聞こえます。

 

 

 

その物音で眠れない相川壮介です。

 

 

 

この物音、今日始まった物音じゃなく前から続いている様でした。

 

 

 

痺れを切らした相川壮介は、注意しに向かいます(”;)

 

 

 

上の部屋に行き「あの、いつもドンドン迷惑なんですけど」と相川壮介が言うと、玄関先に出てきたのは、巨乳の可愛い女性でした。

 

 

 

「ごめんなさい。うるさかったですか?」と言う女性に対し「いつもドンドンなにやってるんですか?」と聞く相川壮介です。

 

 

 

彼女の話によると、女優を目指しているからその練習のせいだったそうです。

 

 

 

「それなら仕方ないですね」と言って帰っていく相川壮介です。

 

 

 

部屋に帰るとまた、上の部屋からドンドンと物音が聞こえ始めます((((;゜Д゜)))

 

 

 

部屋に帰った相川壮介は、彼女の事を思い出しオナニーを始めます。

 

 

 

すると、上の部屋の床が外れ彼女の下半身が天井から半分落ちてきました。

 

 

 

「ちょっと…持ち上げてくれませんか?」と彼女が言うシーンで第一話が終わりました(°▽°)

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

 

 

『女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。』を読むなら、電子コミックサイトがおすすめです

 

 

 

この漫画は内容がちょっとエッチなので人前で読むのは少し恥ずかしいと思います。

 

 

 

その点、電子コミックならスマホやタブレット・PCで、人の目を気にせず自分の好きな時に好きな場所で読むことが出来ますし。

 

 

 

一度買ったコミックは使用する端末でいつでも読み返すことが出来るので便利です(^-^)ゝ

 

 

 

無料の試し読みページが用意されているのも嬉しいポイントですね。本屋の店員さんの目を気にしたりもせず、ゆっくり立ち読みできちゃいます。

 

 

 

電子コミックは使ったことがない!という人は一度、試してみてはどうでしょう!きっと便利だと思いますよ!

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

 

 

続きのネタバレはこちらからどうぞ!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 無料 ネタバレ 2話 【アソコの上に股がる様に落ちてきた!】

2017.07.10