女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 無料 ネタバレ 5話 【忘れなれないの。昨日のエッチ】

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

 

 

こんにちは!ミカです(*^^*)

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。5話を読んだネタバレ感想を書いていきます(^-^)ゝ

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

 

前回のネタバレはこちらからどうぞ!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 無料 ネタバレ 4話 【最低。すけべ。何してるのよ】

2017.07.10

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。5話を読んだネタバレ

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。の第四話の内容が、

 

 

 

清水由紀を襲ってしまった相川壮介が、朝、清水由紀に部屋の中に境界線を書かれてしまったシーンで終わりました。

 

 

 

第五話、境界線を書かれてしまった相川壮介は、この先どんな生活を送ることになるのか気になる私です。

 

 

 

清水由紀の事を襲ってしまった為、二人は気まずい一日を過ごすことになりました。

 

 

 

その日の夜、別々に眠りながら相川壮介は、もうエロい事は自粛しようと決めます。

 

 

 

そんな時、女優志望の丹上さんが上の部屋の穴から相川壮介の所に下着姿で落ちてきました(”;)

 

 

 

驚く相川壮介に対し「上の部屋の鍵は持っているからそのまま降りてきたの」と答える丹上さんです。

 

 

 

そして、「忘れなれないの。昨日のエッチ」と言う丹上さん。

 

 

 

エロい事を自粛すると決めた相川壮介は、寝たふりなどします。

 

 

 

そんな相川壮介に「だめ?」と詰め寄る丹上さんに「しゃーねーな。すぐに済ませるぞ」と言う相川壮介です。

 

 

 

清水由紀にバレないように声を出さないように丹上さんに頼む相川壮介です((((;゜Д゜)))

 

 

 

そして、丹上さんの巨乳の胸を触り舐め始めます。

 

 

 

声を我慢する丹上さんですが「あっ…」と声が漏れてしまいます。

 

 

 

すると、清水由紀が「相川くん…?」と、驚く二人でしたが、「大根はだめだって」と言う清水由紀の寝言に安心する二人でした。

 

 

 

そして、丹上さんのアソコを責め、気持ちよくなる丹上さんは必死で声を我慢します。

 

 

 

このシーンすごくエロく、このシチュエーションにも興奮してしまいました。

 

 

 

「そろそろいれてもいいかな?」と言い相川壮介は、丹上さんに挿入します( 〃▽〃)

 

 

 

激しく動く相川壮介に「そんなに激しくしたら清水さん起きちゃう」と言う丹上さんです。

 

 

 

そして、寝返りをうった清水由紀の手が二人に当たってしまいます(*_*)

 

 

 

ここで、第五話が終わりました(*´∀`)

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

 

 

『女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。』を読むなら、電子コミックサイトがおすすめです

 

 

 

この漫画は内容がちょっとエッチなので人前で読むのは少し恥ずかしいと思います。

 

 

 

その点、電子コミックならスマホやタブレット・PCで、人の目を気にせず自分の好きな時に好きな場所で読むことが出来ますし。

 

 

 

一度買ったコミックは使用する端末でいつでも読み返すことが出来るので便利です(^-^)ゝ

 

 

 

無料の試し読みページが用意されているのも嬉しいポイントですね。本屋の店員さんの目を気にしたりもせず、ゆっくり立ち読みできちゃいます。

 

 

 

電子コミックは使ったことがない!という人は一度、試してみてはどうでしょう!きっと便利だと思いますよ!

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

 

 

続きのネタバレはこちらからどうぞ!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 無料 ネタバレ 6話 【待って…止めないで…】

2017.07.10