女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 無料 ネタバレ 6話 【待って…止めないで…】

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

 

 

こんにちは!ミカです(*^^*)

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。6話を読んだネタバレ感想を書いていきます(^-^)ゝ

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

 

前回のネタバレはこちらからどうぞ!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 無料 ネタバレ 5話 【忘れなれないの。昨日のエッチ】

2017.07.10

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。6話を読んだネタバレ

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。の第五話の内容が、

 

 

 

清水由紀が眠る横で、丹上さんと相川壮介がエッチをしておりそこに寝返りをうった清水由紀の手が当たるというシーンで終わりました。

 

 

 

第六話、清水由紀が起きてしまうのか気になって仕方ありません。

 

 

 

このままじゃマズイ、バレてしまうと思う相川壮介に「待って…止めないで…」と丹上さんが言います。

 

 

 

そんな言葉に相川壮介は思い切り突きます(*_*)

 

 

 

感じまくっている丹上さん、そして二人はイってしまいました。

 

 

 

何とか清水由紀にバレずに事なきを得た二人でした。

 

 

 

「ほら、早く帰らないと」と諭す相川壮介に「また今夜みたいに会いにきていい?」と聞く丹上さんです。

 

 

 

そんな丹上さんに「考えとく…」と答える相川壮介でした。

 

 

 

そして、丹上さんは帰って行きました。

 

 

 

朝になり、相川壮介は清水由紀の胸に顔を埋めて寝ています((((;゜Д゜)))

 

 

 

「寝ぼけてたとはいえ、あんまりよ!」と言ってビンタされる相川壮介でした。

 

 

 

でも、相川壮介の布団に入ってきたのは清水由紀のほうでした。

 

 

 

どこか納得いかないような様子の相川壮介でした。

 

 

 

すると、清水由紀は突然「丹上さんとは恋人同士じゃないんですか?」と聞いてきます(”;)

 

 

 

昨日の事がバレているのかとビクビクしながら「違いますよ」と答える相川壮介です。

 

 

 

それを聞いてほっとした表情を見せる清水由紀です。

 

 

 

「それじゃあ布団片付けましょうか」と言って布団を片付け始める清水由紀です。

 

 

 

すると、「相川君これだれの?」と言って清水由紀は丹上さんのパンツを手に持っています(T_T)

 

 

 

ここで、第六話が終わりました。

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

 

 

『女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。』を読むなら、電子コミックサイトがおすすめです

 

 

 

この漫画は内容がちょっとエッチなので人前で読むのは少し恥ずかしいと思います。

 

 

 

その点、電子コミックならスマホやタブレット・PCで、人の目を気にせず自分の好きな時に好きな場所で読むことが出来ますし。

 

 

 

一度買ったコミックは使用する端末でいつでも読み返すことが出来るので便利です(^-^)ゝ

 

 

 

無料の試し読みページが用意されているのも嬉しいポイントですね。本屋の店員さんの目を気にしたりもせず、ゆっくり立ち読みできちゃいます。

 

 

 

電子コミックは使ったことがない!という人は一度、試してみてはどうでしょう!きっと便利だと思いますよ!

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

 

 

続きのネタバレはこちらからどうぞ!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 無料 ネタバレ 7話 【丹上さんにパンツの事直接聞くもん】

2017.07.10