女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 無料 ネタバレ 7話 【丹上さんにパンツの事直接聞くもん】

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

 

 

こんにちは!ミカです(*^^*)

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。7話を読んだネタバレ感想を書いていきます(^-^)ゝ

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

 

前回のネタバレはこちらからどうぞ!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 無料 ネタバレ 6話 【待って…止めないで…】

2017.07.10

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。7話を読んだネタバレ

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。の第六話の内容が、

 

 

 

朝布団を片付ける清水由紀に、夜丹上さんとエッチをした時に丹上さんが忘れていったパンツを見つけられてしまうシーンで終わりました((((;゜Д゜)))

 

 

 

第七話、清水由紀はどんな反応を見せるのか興味があります。

 

 

 

「一体これはどういう事なんですか?」とすごい剣幕で問いただす清水由紀です。

 

 

 

そんな清水由紀は、布団で足を滑らせ相川壮介に寄りかかるように転んでしまいます。

 

 

 

転んで畳の上に寝転んでいる清水由紀に覆い被さるように相川壮介も転んでしまいます。

 

 

 

起き上がり「大丈夫ですか?清水さん?」と相川壮介が言うと、起き上がった衝撃で清水由紀のシャツのボタンがとれてしまい、胸があらわになります。

 

 

 

シャツのボタンが外れる程、巨乳なんて羨ましい限りです。

 

 

 

そこへ丹上さんがやってきて玄関のチャイムを押します。

 

 

 

丹上さんは、昨日忘れた下着を取りにやって来ていたのです。

 

 

 

何の反応もないので上から行ってみようとする丹上さん。

 

 

 

清水由紀と相川壮介は、この状況を見られたらマズイと思い押し入れに隠れます((((;゜Д゜)))

 

 

 

「どうして押し入れに隠れるのか」など質問する清水由紀に「頼むから静かにしてください」という相川壮介です。

 

 

 

「丹上さんにパンツの事直接聞くもん」と言う清水由紀にキスをする相川壮介です。

 

 

 

キスで、黙らせようとしたのです。

 

 

 

キスをしているときずっと清水由紀の乳首は相川壮介の腕に擦れていました。

 

 

 

そして清水由紀は、「ずっと擦れてて…なんか変な感じ…」と相川壮介に言います(*´∀`)

 

 

 

そんな清水由紀にまた、エロい事をしたくなってきた相川壮介です。

 

 

 

丹上さんはというと、パンツを見つけようと部屋の中をくまなく探しています(*_*)

 

 

 

ここで、第七話が終わりました。

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

 

 

『女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。』を読むなら、電子コミックサイトがおすすめです

 

 

 

この漫画は内容がちょっとエッチなので人前で読むのは少し恥ずかしいと思います。

 

 

 

その点、電子コミックならスマホやタブレット・PCで、人の目を気にせず自分の好きな時に好きな場所で読むことが出来ますし。

 

 

 

一度買ったコミックは使用する端末でいつでも読み返すことが出来るので便利です(^-^)ゝ

 

 

 

無料の試し読みページが用意されているのも嬉しいポイントですね。本屋の店員さんの目を気にしたりもせず、ゆっくり立ち読みできちゃいます。

 

 

 

電子コミックは使ったことがない!という人は一度、試してみてはどうでしょう!きっと便利だと思いますよ!

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

 

 

続きのネタバレはこちらからどうぞ!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 無料 ネタバレ 8話 【やだ…脱がさないで…】

2017.07.10