女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 無料 ネタバレ 14話 【イったばっかりなのに激しい、、、】

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

 

 

こんにちは!ミカです(*^^*)

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。14話を読んだネタバレ感想を書いていきます(^-^)ゝ

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

 

前回のネタバレはこちらからどうぞ!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 無料 ネタバレ 13話 【相川壮介のシャワー責め】

2017.07.11

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。14話を読んだネタバレ

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。の第十三話の内容が、

 

 

 

丹上さんの喘ぎ声で起きてきた清水由紀が、ドア越しに丹上さんの心配をするというシーンで終わりました。

 

 

 

第十四話、清水由紀に丹上さんと相川壮介の事がバレないかドキドキします。

 

 

 

心配する清水由紀に「大丈夫です。もう上がりますから。」と言う丹上さんです(”;)

 

 

 

相川壮介の責めに座り込んでしまう丹上さん。

 

 

 

そんな丹上さんに「ほら、湯銭につからないと」と相川壮介は言います(*_*)

 

 

 

相川壮介の膝に座る様な体勢でお湯に浸かる二人です。

 

 

 

そして、丹上さんは「ねぇここまでしたんだから責任取ってよ」と相川壮介に言います。

 

 

 

「これ以上興奮したらマズイんだよ」と言う相川壮介に「じゃあもっと興奮して」と言う丹上さんです。

 

 

 

そして、キスをしていると相川壮介のアソコはまた硬くなってきました。

 

 

 

丹上さんは相川壮介に股がり「このまま擦りつけるね」と言って擦りつけます。

 

 

 

丹上さんは、この擦りつけでイってしまいました(о´∀`о)

 

 

 

この丹上さんのイクシーンとてもエロいです。

 

 

 

そして「いれて…」と言う丹上さんに対し、「いわれなくても」と言い挿入する相川壮介です(*´∀`)

 

 

 

「あっやば…相川さん」と喘ぐ丹上さんに「声がデカイ」と注意する相川壮介です。

 

 

 

ですが、丹上さんの声は止まりません。

 

 

 

「イったばっかりなのに激しい、、、」と言う丹上さんに責め続ける相川壮介です。

 

 

 

丹上さんは、大きな声を出してしまいます。

 

 

 

するとそこへ清水由紀が「丹上さん、大丈夫?」とまたドア越しに立っています。

 

 

 

ここで第十四話が終わりました((((;゜Д゜)))

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

 

 

『女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。』を読むなら、電子コミックサイトがおすすめです

 

 

 

この漫画は内容がちょっとエッチなので人前で読むのは少し恥ずかしいと思います。

 

 

 

その点、電子コミックならスマホやタブレット・PCで、人の目を気にせず自分の好きな時に好きな場所で読むことが出来ますし。

 

 

 

一度買ったコミックは使用する端末でいつでも読み返すことが出来るので便利です(^-^)ゝ

 

 

 

無料の試し読みページが用意されているのも嬉しいポイントですね。本屋の店員さんの目を気にしたりもせず、ゆっくり立ち読みできちゃいます。

 

 

 

電子コミックは使ったことがない!という人は一度、試してみてはどうでしょう!きっと便利だと思いますよ!

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

 

 

続きのネタバレはこちらからどうぞ!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 無料 ネタバレ 15話 【相川くんは、私を困らせてそんなに楽しいの?】

2017.07.11