女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 無料 ネタバレ 21話 【相川君が私の浴衣を…】

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

 

 

こんにちは!ミカです(*^^*)

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。21話を読んだネタバレ感想を書いていきます(^-^)ゝ

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

 

前回のネタバレはこちらからどうぞ!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 無料 ネタバレ 20話 【部屋に露天風呂あるの知ってます?】

2017.07.13

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。21話を読んだネタバレ

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。の第二十話の内容が、

 

 

 

相川壮介のアソコが、清水由紀のアソコに擦れて感じてしまう清水由紀のシーンで終わりました((((;゜Д゜)))

 

 

 

第二十一話、露天風呂でエッチしてしまうのか気になります。

 

 

 

「自分で動かして見てください」という相川壮介です。

 

 

 

恥ずかしいと言いながら一生懸命動かす清水由紀。

 

 

 

動かしながら声が止まらない清水由紀にキスをします。( ・∇・)

 

 

 

「酔った清水由紀がこんなにも積極的だったなんて。」

 

 

 

感じながら、相川壮介に寄りかかり眠ってしまう清水由紀。

 

 

 

眠ってしまった清水由紀を脱衣場に連れて行き、浴衣をかける相川壮介です。

 

 

 

そして、清水由紀は目を覚まします。

 

 

 

自分の格好に驚き、「ぎゃー」と叫ぶ清水由紀、何も覚えていなかったようでした。

 

 

 

そこへ眠っていた丹上さんが駆けつけ「どうしたの?」と聞くと「相川君が私の浴衣を…」と清水由紀が言います。

 

 

 

誤解だと言って事情を説明する相川壮介でした。

 

 

 

すると、丹上さんが、「私もお風呂入ってこよう」と言って「私が上がったら三人で屋台に行こう」と言ってお風呂に入る丹上さんです。

 

 

 

脱衣場にいる丹上さんの顔つきはいつもと違います(”;)

 

 

 

そして、「やっぱりお風呂入るのやめた。屋台いこ」と言って上がってくる丹上さんです。

 

 

 

そんな丹上さんの顔つきの変化に気付いた相川壮介は「丹上さん顔色悪いよ」と言います(*_*)

 

 

 

それに対し「なんの、話?」と言う丹上さん。

 

 

 

本当にいつもの丹上さんとは違う丹上さんの表情でした。

 

 

 

ここで第二十一話が終わりました。

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

 

 

『女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。』を読むなら、電子コミックサイトがおすすめです

 

 

 

この漫画は内容がちょっとエッチなので人前で読むのは少し恥ずかしいと思います。

 

 

 

その点、電子コミックならスマホやタブレット・PCで、人の目を気にせず自分の好きな時に好きな場所で読むことが出来ますし。

 

 

 

一度買ったコミックは使用する端末でいつでも読み返すことが出来るので便利です(^-^)ゝ

 

 

 

無料の試し読みページが用意されているのも嬉しいポイントですね。本屋の店員さんの目を気にしたりもせず、ゆっくり立ち読みできちゃいます。

 

 

 

電子コミックは使ったことがない!という人は一度、試してみてはどうでしょう!きっと便利だと思いますよ!

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

 

 

続きのネタバレはこちらからどうぞ!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 無料 ネタバレ 22話 【ねぇ相川さん。私じゃだめかな?】

2017.07.13