女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 無料 ネタバレ 22話 【ねぇ相川さん。私じゃだめかな?】

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

 

 

こんにちは!ミカです(*^^*)

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。22話を読んだネタバレ感想を書いていきます(^-^)ゝ

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

 

前回のネタバレはこちらからどうぞ!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 無料 ネタバレ 21話 【相川君が私の浴衣を…】

2017.07.13

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。22話を読んだネタバレ

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。の第二十一話の内容が、

 

 

 

お風呂場の脱衣場から帰って来た丹上さんの表情がいつもと違う丹上さんの表情になっていたシーンで終わりました。

 

 

 

第二十二話、丹上さんがどうしちゃったのか気になります。

 

 

 

屋台へ来た三人。

 

 

 

その中で一番はしゃぐのは清水由紀でした。

 

 

 

丹上さんの冷たい態度に、なんとなく丹上さんと距離を感じる相川壮介です。

 

 

 

子供達とヨーヨー釣りをして楽しむ清水由紀の姿を見てニヤニヤする相川壮介。

 

 

 

そんな相川壮介に「相川さんのああいうのがタイプなんだ。分かりやすす」と言いながら笑う丹上さんです(*´∀`)

 

 

 

その丹上さんの目には涙がありました。

 

 

 

このシーンすごく切ない気持ちになってしまいました。

 

 

 

そして「さっきは清水さんと楽しかった?」と聞く丹上さんです。

 

 

 

ビックリする相川壮介に「全部聞いちゃった。知ってる」と言う丹上さん。

 

 

 

そして、「三人一緒なら楽しいなんてそんな訳ないじゃん。私相川さんの事好きだもん」と泣きながら告白する丹上さんです。

 

 

 

「本気か…?」と聞く相川壮介に「本気に決まってんじゃん。相川さんと最初にセックスしたの私なのに」と言います(*_*)

 

 

 

そして、相川壮介を後ろから抱きしめる丹上さんです。

 

 

 

「ねぇ相川さん。私じゃだめかな?」と聞く丹上さん。

 

 

 

何も答えず丹上さんにキスをする相川壮介です(*_*)

 

 

 

そして、浴衣を脱がしアソコを触ろうとすると丹上さんはパンツをはいていませんでした。

 

 

 

「何ではいてないんだよ」と言う相川壮介に「お風呂から急いできたから」と答える丹上さんでした。

 

 

 

ここで第二十二話が終わりました((((;゜Д゜)))

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

 

 

『女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。』を読むなら、電子コミックサイトがおすすめです

 

 

 

この漫画は内容がちょっとエッチなので人前で読むのは少し恥ずかしいと思います。

 

 

 

その点、電子コミックならスマホやタブレット・PCで、人の目を気にせず自分の好きな時に好きな場所で読むことが出来ますし。

 

 

 

一度買ったコミックは使用する端末でいつでも読み返すことが出来るので便利です(^-^)ゝ

 

 

 

無料の試し読みページが用意されているのも嬉しいポイントですね。本屋の店員さんの目を気にしたりもせず、ゆっくり立ち読みできちゃいます。

 

 

 

電子コミックは使ったことがない!という人は一度、試してみてはどうでしょう!きっと便利だと思いますよ!

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

 

 

続きのネタバレはこちらからどうぞ!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 無料 ネタバレ 23話 【私にいっぱい出していいんだよ】

2017.07.13