女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 無料 ネタバレ 23話 【私にいっぱい出していいんだよ】

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

 

 

こんにちは!ミカです(*^^*)

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。23話を読んだネタバレ感想を書いていきます(^-^)ゝ

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

 

前回のネタバレはこちらからどうぞ!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 無料 ネタバレ 22話 【ねぇ相川さん。私じゃだめかな?】

2017.07.13

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。23話を読んだネタバレ

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。の第二十二話の内容が、

 

 

 

丹上さんに告白された相川壮介が外で丹上さんのアソコを弄り始めるシーンで終わりました((((;゜Д゜)))

 

 

 

第二十三話、外なので屋台から帰って来た清水由紀に見つからないか心配です。

 

 

 

丹上さんのアソコを弄り続ける相川壮介です。

 

 

 

背後から股を広げられアソコを弄られる丹上さんを羨ましく思ってしまいました( 〃▽〃)

 

 

 

声が我慢出来ない丹上さんに「いいだろ。こんなとこ人来ないんだから」と言います。

 

 

 

そしてアソコだけじゃなく胸を弄り始める相川壮介です(*_*)

 

 

 

すると、丹上さんが突然「清水さんとはどこまでしたの?」と聞いてきます。

 

 

 

「そんな事言えるわけないだろ」と言う相川壮介のアソコを足で触る丹上さんです。

 

 

 

そして「まだ最後までしてないんでしょ?させてくれないんでしょ?」と言う丹上さんです。

 

 

 

すると、手で相川壮介のアソコをシコシコする丹上さんです。

 

 

 

そして「私なら満足させてあげられる。絶対私が良いって最後は言わせて見せる」と言う丹上さんです。

 

 

 

「私にいっぱい出していいんだよ」と上目遣いで言う丹上さんです。

 

 

 

この丹上さん、すごく可愛いです。

 

 

 

すると相川壮介は丹上さんに挿入します。

 

 

 

「あっ…あっ…んっ」と声が出てしまう丹上さん。

 

 

 

そんな丹上さんに挿入だけじゃなく、挿入しながら胸も舐め始める相川壮介です(*´∀`)

 

 

 

「相川さん、がっつきすぎだって…」と言う丹上さんです。

 

 

 

相川壮介のアソコを挿入されながらビクビクなる丹上さんでした。

 

 

 

ここで、第二十三話が終わりました(°▽°)

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

 

 

『女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。』を読むなら、電子コミックサイトがおすすめです

 

 

 

この漫画は内容がちょっとエッチなので人前で読むのは少し恥ずかしいと思います。

 

 

 

その点、電子コミックならスマホやタブレット・PCで、人の目を気にせず自分の好きな時に好きな場所で読むことが出来ますし。

 

 

 

一度買ったコミックは使用する端末でいつでも読み返すことが出来るので便利です(^-^)ゝ

 

 

 

無料の試し読みページが用意されているのも嬉しいポイントですね。本屋の店員さんの目を気にしたりもせず、ゆっくり立ち読みできちゃいます。

 

 

 

電子コミックは使ったことがない!という人は一度、試してみてはどうでしょう!きっと便利だと思いますよ!

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

 

 

続きのネタバレはこちらからどうぞ!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 無料 ネタバレ 24話 【うるせーな。早く浴衣着ろよ】

2017.07.13