女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。が1ページで全部分かるまとめ!【完全版】

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。はコミなびで無料試し読みできます。
まずは無料で読んでみてください。

 

無料試し読みはこちら

▽   ▽   ▽

クリック!!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

 

 

『女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。』がすごく興奮します!

 

コミなびで人気の漫画「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。」を読みました。
この漫画はエッチな漫画だけど、三角関係の描写が一番面白いです!!

 

 

 

主人公を巡って争う2人の美女。もどかしい気持ちになっちゃうこと間違いなしです!

 

 

 

1話60円なので少しでも興味を持った方は一回買ってみたら絶対にハマってしまうと思います!!

 

 

 

漫画名 女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。
作者 鳩こんろ
配信 コミなび
価格 1話60円
あらすじ

「気持ち良過ぎて腰が勝手に動いちゃう…!」トロトロのアソコに即ハメ!エロ過ぎる彼女とのセックスは止まらないっ!!

 

 

ボロアパートに住む俺の、唯一の癒しは若くて可愛い大家さん。

 

 

だけど毎晩、上の部屋がうるさくて許せん!怒鳴りに行ったら、なんとこれまた可愛い(そしてエロそうな)娘が出てきて、つい許しちゃう俺!

 

 

その晩、その娘を想ってオナッてたら、天井が軋む音がして…バキッ!!と底抜け、上の階のあの娘が落ちてきた!!

 

 

しかも準備万端な俺の息子に、その子のアソコがすっぽりハマり…!?

 

 

 

作者の鳩こんろさんってどんな人?

 

「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。」の作者は鳩こんろさんです。

 

 

こちらが鳩こんろさんのツイッターです。

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

 

 

鳩こんろさんは今人気急上昇中の作家さんです。
『女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。』は今コミなびでも大人気の漫画となっていますので是非読んでみてください。

 

 

 

『女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。』は
コミなびで配信されています。

 

 

 

無料試し読みもできますよ!!

 

↓無料試し読みは、バナーをクリックしてください

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

 

 

 

『女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。』のストーリー

 

 

登場人物

 

相川壮介
女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。
この物語の主人公。
なんだかんだ言ってモテているが、
優柔不断で流されやすい性格。

 

 

清水由紀
女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。
マンションの大家さん。
悩殺ボディと寝相の悪さで壮介を虜にする。
穏やかな性格だが負けず嫌いの一面も。

 

 

丹生砂生
女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。
もともと壮介の上の階に住んでいた。
女優を目指している。
壮介とのHにハマってしまっている。

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。の第一話が始まりました。

 

 

 

登場人物の相川壮介は、高卒のフリーターで、住んでいるアパートは、ボロアパートでした。

 

 

 

お世辞にも綺麗とはいえません((((;゜Д゜)))

 

 

 

そこで、彼、相川壮介の唯一の癒しは、若くて美人な大家さん清水由紀との挨拶だけでした。

 

 

 

この清水由紀さんがとても美人なのです。

 

 

 

胸も大きくて、美人で私からしたら羨ましい限りです。

 

 

 

相川壮介が仕事から帰ってくると、清水由紀さんは、「今日は夜勤だったんですか?いつもお疲れ様」と言ってくれます。

 

 

 

そんな清水由紀の言葉と笑顔に、ドキドキする相川壮介です(*´∀`)

 

 

 

相川壮介が夜勤明けで寝ていると、上の部屋からドンッドンッと物音が聞こえます。

 

 

 

その物音で眠れない相川壮介です。

 

 

 

この物音、今日始まった物音じゃなく前から続いている様でした。

 

 

 

痺れを切らした相川壮介は、注意しに向かいます(”;)

 

 

 

上の部屋に行き「あの、いつもドンドン迷惑なんですけど」と相川壮介が言うと、玄関先に出てきたのは、巨乳の可愛い女性でした。

 

 

 

「ごめんなさい。うるさかったですか?」と言う女性に対し「いつもドンドンなにやってるんですか?」と聞く相川壮介です。

 

 

 

彼女の話によると、女優を目指しているからその練習のせいだったそうです。

 

 

 

「それなら仕方ないですね」と言って帰っていく相川壮介です。

 

 

 

部屋に帰るとまた、上の部屋からドンドンと物音が聞こえ始めます((((;゜Д゜)))

 

 

 

部屋に帰った相川壮介は、彼女の事を思い出しオナニーを始めます。

 

 

 

すると、上の部屋の床が外れ彼女の下半身が天井から半分落ちてきました。

 

 

 

「ちょっと…持ち上げてくれませんか?」と彼女が言うシーンで第一話が終わりました(°▽°)

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 関連記事

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 ネタバレ 1話 【唯一の癒しは、若くて美人な大家さん】

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 ネタバレ 2話 【アソコの上に股がる様に落ちてきた!】

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 ネタバレ 3話 【相川君は私としばらく一緒に住んでもらいます】

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 ネタバレ 4話 【最低。すけべ。何してるのよ】

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 ネタバレ 5話 【忘れなれないの。昨日のエッチ】

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 ネタバレ 6話 【待って…止めないで…】

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 ネタバレ 7話 【丹上さんにパンツの事直接聞くもん】

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 ネタバレ 8話 【やだ…脱がさないで…】

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 ネタバレ 9話 【スケベな事出来ないように二人で監視するから】

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 ネタバレ 10話 【全部相川君のせいなんだから…】

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 ネタバレ 11話 【今日の晩御飯あなただけ抜きですからね。】

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 ネタバレ 12話 【ねぇ、タオルどけてほしい?】

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 ネタバレ 13話 【相川壮介のシャワー責め】

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 ネタバレ 14話 【イったばっかりなのに激しい、、、】

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 ネタバレ 15話 【相川くんは、私を困らせてそんなに楽しいの?】

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 ネタバレ 16話 【パンツの下もどうなってるか見たいです】

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 ネタバレ 17話 【イったばかりなのに…変になりそう…】

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 ネタバレ 18話 【行きましょう。蟹バイキング。】

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 ネタバレ 19話 【清水さんが好きな人って相川さんでしょ?】

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 ネタバレ 20話 【部屋に露天風呂あるの知ってます?】

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 ネタバレ 21話 【相川君が私の浴衣を…】

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 ネタバレ 22話 【ねぇ相川さん。私じゃだめかな?】

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 ネタバレ 23話 【私にいっぱい出していいんだよ】

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 ネタバレ 24話 【うるせーな。早く浴衣着ろよ】

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 ネタバレ 25話 【相川くん手つきいやらしい…】

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 ネタバレ 26話 【私の事好きだからこういう事してきたのよね?】

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 ネタバレ 27話 【帰ったら二人に話そうと思ってたんだ】

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 ネタバレ 28話 【女は好きな人の為なら何でもするのよ】

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 ネタバレ 29話 【今日はどうなさいますか?お客様】

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 ネタバレ 30話 【ゆっくりでいいから答え出してね】

 

 

 

 

===================================================

コミなびで女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。を安全に読む方法

 

まずは下記のリンクからコミなびのサイトにアクセスして下さい。

 

>>コミなび<<

 

ステップ1

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

ほしい漫画を選んだら「無料試し読み」をクリックします。

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

無料試し読みの後、もっと読みたい時には会員登録に進みます。

まずはお使いの携帯キャリアを選択してください。

格安スマホを使用しているかたは「コミなびID」を登録すれば、

メールアドレスで会員登録をすることができます。

 

 

ステップ3

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

プランを選びます。
お勧めは500円コースです。
まずは安いプランから選ぶことをお勧めします。
500円コースなら安い上、ボーナスポイントもついてくるのでお得です。
足りなくなったらポイントを追加できますのでまずは安いプランから始めるといいですね。

 

あとは画面の指示通りに進めばすぐに読むことができますよ。

 

 

 

コミなびの解約方法

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。はコミなびで読むことができますが
解約方法も知っておいたほうがいいと思うので画像付きで解説していきますね。

 

 

 

解約方法を知っていればいつでも解約することができるので安心ですよね。
コミなびの解約はとても簡単に行えます。

 

 

 

それでは解約方法を解説していきます。

 

 

 

 

解約方法ステップ1

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

コミなびのページに行ったら一番下までスクロールしてください。

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

そうすると下のほうに「退会する」という文字が出てきますのでそれをタップします。

 

 

 

 

解約方法ステップ2

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

次のページで下までスクロールし、「退会手続きを進める」のボタンをタップしてください。

 

あとは画面の指示通りに進めばすぐに読むことができますよ。

 

 

翌月から請求されませんので安心してくださいね。
ちなみに残っているポイントは退会後も5ヶ月間使用できます。
今までに買った漫画もずっと読むことができます。

 

 

コミなびはとても良心的な漫画サイトなのでお勧めです!

 

 

====================================================

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。はコミなびで読むことができます。

 

 

無料試し読みもできますのでまずは無料で読んでみてくださいね!

 

 

↓無料試し読みはバナーをクリックしてください。

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 1話 【唯一の癒しは、若くて美人な大家さん】

 

登場人物の相川壮介は、高卒のフリーターで、住んでいるアパートは、ボロアパートでした。

 

 

 

お世辞にも綺麗とはいえません((((;゜Д゜)))

 

 

 

そこで、彼、相川壮介の唯一の癒しは、若くて美人な大家さん清水由紀との挨拶だけでした。

 

 

 

この清水由紀さんがとても美人なのです。

 

 

 

胸も大きくて、美人で私からしたら羨ましい限りです。

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。1話の詳しいネタバレはこちら>>

 

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 2話 【アソコの上に股がる様に落ちてきた!】

 

助けようと女性の下半身を支える相川壮介です。

 

 

 

ぐらっと揺らいだ衝撃で相川壮介の口の部分に女性のアソコがきます。

 

 

 

相川壮介が口を動かすと女性は、ビクビクッと感じでしまいます。

 

 

 

そのまま女性は、相川壮介の部屋に落ちてきました。

 

 

 

相川壮介のアソコの上に股がる様に落ちた女性でした。

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。2話の詳しいネタバレはこちら>>

 

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 3話 【相川君は私としばらく一緒に住んでもらいます】

 

「お邪魔しました」と足早に去っていく清水由紀です。

 

 

 

急いでズボンを履き追いかける相川壮介。

 

 

 

そして、相川壮介と女性は二人で事情を話します(”;)

 

 

 

ここで、女優志望の女性の名前が丹上さんという事が反面しました。

 

 

 

事情を聞いて「俄には信じがたいんだけど…」と言う清水由紀、そして現場を見に行く清水由紀です。

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。3話の詳しいネタバレはこちら>>

 

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 4話 【最低。すけべ。何してるのよ】

 

胸だけで、我慢出来なくなった相川壮介は、清水由紀のアソコを触り始めまます。

 

 

 

起きたらマズイと思いながら相川壮介は、キスをしながらアソコを触り続けます。

 

 

 

夢心地で、感じてしまっている清水由紀です。

 

 

 

ですが、清水由紀は突然目を覚まします。

 

 

 

「相川君…?何やってるの?」と言う清水由紀です。

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。4話の詳しいネタバレはこちら>>

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 5話 【忘れなれないの。昨日のエッチ】

 

清水由紀の事を襲ってしまった為、二人は気まずい一日を過ごすことになりました。

 

 

 

その日の夜、別々に眠りながら相川壮介は、もうエロい事は自粛しようと決めます。

 

 

 

そんな時、女優志望の丹上さんが上の部屋の穴から相川壮介の所に下着姿で落ちてきました(”;)

 

 

 

驚く相川壮介に対し「上の部屋の鍵は持っているからそのまま降りてきたの」と答える丹上さんです。

 

 

 

そして、「忘れなれないの。昨日のエッチ」と言う丹上さん。

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。5話の詳しいネタバレはこちら>>

 

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 6話 【待って…止めないで…】

 

このままじゃマズイ、バレてしまうと思う相川壮介に「待って…止めないで…」と丹上さんが言います。

 

 

 

そんな言葉に相川壮介は思い切り突きます(*_*)

 

 

 

感じまくっている丹上さん、そして二人はイってしまいました。

 

 

 

何とか清水由紀にバレずに事なきを得た二人でした。

 

 

 

「ほら、早く帰らないと」と諭す相川壮介に「また今夜みたいに会いにきていい?」と聞く丹上さんです。

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。6話の詳しいネタバレはこちら>>

 

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 7話 【丹上さんにパンツの事直接聞くもん】

 

「一体これはどういう事なんですか?」とすごい剣幕で問いただす清水由紀です。

 

 

 

そんな清水由紀は、布団で足を滑らせ相川壮介に寄りかかるように転んでしまいます。

 

 

 

転んで畳の上に寝転んでいる清水由紀に覆い被さるように相川壮介も転んでしまいます。

 

 

 

起き上がり「大丈夫ですか?清水さん?」と相川壮介が言うと、起き上がった衝撃で清水由紀のシャツのボタンがとれてしまい、胸があらわになります。

 

 

 

シャツのボタンが外れる程、巨乳なんて羨ましい限りです。

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。7話の詳しいネタバレはこちら>>

 

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 8話 【やだ…脱がさないで…】

 

押し入れの中で、乳首を弄り始める相川壮介に「ほんとにやめてってば…お願いだから…」と言う清水由紀です。

 

 

 

それでも、やめない相川壮介の乳首弄りに声が出てしまう清水由紀( 〃▽〃)

 

 

 

すると、丹上さんが押し入れの方に向かって「何の音…そこに誰かいるの?」と近づいてきます((((;゜Д゜)))

 

 

 

焦る二人は押し入れの奥につめて隠れ、密着度がます二人です。

 

 

 

そして、丹上さんが少し押し入れを開けた時、パンツが下に落ちている事に気がつきます。

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。8話の詳しいネタバレはこちら>>

 

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 9話 【スケベな事出来ないように二人で監視するから】

 

気持ちよくなりキスをしながら清水由紀のお腹に射精してしまう相川壮介です。

 

 

 

「大丈夫すか?」と言う相川壮介に対し「見てよ!お腹汚れちゃったじゃない」と言ってお風呂に向かう清水由紀です。

 

 

 

お風呂に入ろうとドアを開けると丹上さんがシャワーを浴びていました。

 

 

 

謝る清水由紀でした。

 

 

 

そして、夜になり相川壮介が仕事から帰ってくると部屋には、エプロン姿の丹上さんと清水由紀の姿がありました。

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。9話の詳しいネタバレはこちら>>

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 10話 【全部相川君のせいなんだから…】

 

左右から腕に胸を押し当てられて眠る事の出来なかった相川壮介です。

 

 

 

相川壮介の腕で、清水夕由紀の服が捲り上がってしまい胸があらわになります。

 

 

 

目覚めた清水由紀は、「私が寝てる間になんかしたんじゃないでしょうね」と相川壮介に枕を投げつけます。

 

 

 

「免罪だ。俺はやってない」と答える相川壮介です。

 

 

 

そんな二人に丹上さんは冷静に「そろそろバイト準備しないとヤバいですよ」と言います。

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。10話の詳しいネタバレはこちら>>

 

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 11話 【今日の晩御飯あなただけ抜きですからね。】

 

「人にエッチな事禁止しといて自分ではそういうことしちゃうんですね」と相川壮介は言います。

 

 

 

「忘れて!もうしないから。見なかった事にして」とお願いする清水由紀です。

 

 

 

そんな清水由紀に、「若い二人の女に囲まれて自己処理もろくに出来ない。なのに大家さん一人になった途端こうやってオナニーできる。不公平です」と相川壮介は言います。

 

 

 

そして、「ばらされたくなかったら一緒に気持ちよくなってもらいます」と言う相川壮介です。

 

 

 

この、相川壮介の言葉にドキッとしてしまいました。

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。11話の詳しいネタバレはこちら>>

 

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 12話 【ねぇ、タオルどけてほしい?】

 

丹上さんに「すまん。っていうかバイト深夜までじゃなかったのかよ?」と聞く相川壮介です。

 

 

 

「一時間休憩貰えたからちょっと帰ろうかと思って」と答える丹上さんです(*_*)

 

 

 

すると、丹上さんが「一緒に入る?」と言ってきました。

 

 

 

「こんなとこ清水さんに見つかったら」という相川壮介に「清水さんいつもこの時間寝てるじゃん」と丹上さんは言います。

 

 

 

そして「それに今度舞台でそういう役するの。洗いっこするだけだから」と丹上さんは言います。

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。12話の詳しいネタバレはこちら>>

 

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 13話 【相川壮介のシャワー責め】

 

相川壮介が丹上さんのアソコを触ろうとすると、「なーんてね。冗談に決まってるじゃん。早く流して」と言われてしまします(”;)

 

 

 

相川壮介は、丹上さんの体を流します。

 

 

 

すると、丹上さんが「じゃあ次は洗ってあげようか」と急接近して言ってきます。

 

 

 

「なんだよ。近いな」と言う相川壮介に「実はコンタクト外してるから近付かないとよく見えなくて」と答える丹上さんです((((;゜Д゜)))

 

 

 

そして、相川壮介の体を密着しながら洗ってあげる丹上さんです。

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。13話の詳しいネタバレはこちら>>

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 14話 【イったばっかりなのに激しい、、、】

 

心配する清水由紀に「大丈夫です。もう上がりますから。」と言う丹上さんです(”;)

 

 

 

相川壮介の責めに座り込んでしまう丹上さん。

 

 

 

そんな丹上さんに「ほら、湯銭につからないと」と相川壮介は言います(*_*)

 

 

 

相川壮介の膝に座る様な体勢でお湯に浸かる二人です。

 

 

 

そして、丹上さんは「ねぇここまでしたんだから責任取ってよ」と相川壮介に言います。

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。14話の詳しいネタバレはこちら>>

 

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 15話 【相川くんは、私を困らせてそんなに楽しいの?】

 

「やっぱり心配だから戻ってきたの。丹上さん大丈夫?」という清水由紀です。

 

 

 

お風呂でアタフタする二人は、返事をするのを忘れてしまっています((((;゜Д゜)))

 

 

 

返事がないことを心配した清水由紀は、「じゃあ外側から開けるわ」と言います(*_*)

 

 

 

すると、丹上さんはお風呂から上がり「大丈夫ですから。ちょっと寝不足で疲れてて…ごめんなさい」と謝ります。

 

 

 

そして清水由紀は「何度もお邪魔してごめんなさい」と言って部屋に戻っていきます。

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。15話の詳しいネタバレはこちら>>

 

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 16話 【パンツの下もどうなってるか見たいです】

 

「俺、清水さんの事が…」と言って抱きしめようとする相川壮介です。

 

 

 

すると清水由紀は「やめて。もう貴方に振り回されるのは嫌なの。寝る」と言って丹上さんの布団に戻ります。

 

 

 

そんな清水由紀に「戻りましょう」という相川壮介です。

 

 

 

布団を捲り上げると清水由紀のアソコが湿っていることに気付いた相川壮介は「もしかして清水さん、濡れているんですか?」と聞きます。

 

 

 

否定する清水由紀に「乳首もびんびんに立ってるしもしかして今のキスで?」と聞く相川壮介です。

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。16話の詳しいネタバレはこちら>>

 

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 17話 【イったばかりなのに…変になりそう…】

 

アソコを舐める相川壮介の頭を押さえながら「変になっちゃう」と感じまくる清水由紀です。

 

 

 

そして、相川壮介に責められイってしまう清水由紀でした(*_*)

 

 

 

「清水さん気持ちよかったですか?もしかして物足りない?」と聞く相川壮介です。

 

 

 

そして、「清水さんが例のルール撤廃してくれたら、これ以上の事してあげられますよ?」と続けます。

 

 

 

それに対し「例えば?」と聞き返す清水由紀(*´∀`)

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。17話の詳しいネタバレはこちら>>

 

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 18話 【行きましょう。蟹バイキング。】

 

ついに清水由紀は、「ルール撤廃するから…最後までして…」と相川壮介に伝えます。

 

 

 

そして相川壮介が挿入しようとした時に、玄関のドアがあき「ただいま〜」と酔っ払った丹上さんが帰ってきます。

 

 

 

危機一髪で相川壮介はベッドの下に隠れます。

 

 

 

どうして自分の部屋に清水由紀がいるのかと聞く丹上さんに「忘れ物を取りに来てたんです」と答える清水由紀でした。

 

 

 

丹上さんが酔っぱらっていて良かったと思いました(*_*)

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。18話の詳しいネタバレはこちら>>

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 19話 【清水さんが好きな人って相川さんでしょ?】

 

旅館に着く三人。

 

 

 

そして、温泉に入ります(*´∀`)

 

 

 

「混浴…したかった」と一人温泉に入る相川壮介です。

 

 

 

それとは、対照的に清水由紀と丹上さんは二人で温泉を楽しんでいる様子です。

 

 

 

ずっとタオルを巻いている清水由紀に、「いつまでタオル巻いてるですか?」と言って清水由紀のタオルを取る丹上さんです。

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。19話の詳しいネタバレはこちら>>

 

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 20話 【部屋に露天風呂あるの知ってます?】

 

相川壮介が考えていたのは、3Pの妄想でした。

 

 

 

今夜は頑張るしかないと誓う相川壮介です(”;)

 

 

 

相川壮介のこういうところ結構好きです。

 

 

 

蟹をお腹いっぱい食べ丹上さんは眠っています。

 

 

 

清水由紀は、酔っぱらい相川壮介に「まぁだ飲みましょう」と絡んでいきます。

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。20話の詳しいネタバレはこちら>>

 

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 21話 【相川君が私の浴衣を…】

 

「自分で動かして見てください」という相川壮介です。

 

 

 

恥ずかしいと言いながら一生懸命動かす清水由紀。

 

 

 

動かしながら声が止まらない清水由紀にキスをします。( ・∇・)

 

 

 

「酔った清水由紀がこんなにも積極的だったなんて。」

 

 

 

感じながら、相川壮介に寄りかかり眠ってしまう清水由紀。

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。21話の詳しいネタバレはこちら>>

 

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 22話 【ねぇ相川さん。私じゃだめかな?】

 

屋台へ来た三人。

 

 

 

その中で一番はしゃぐのは清水由紀でした。

 

 

 

丹上さんの冷たい態度に、なんとなく丹上さんと距離を感じる相川壮介です。

 

 

 

子供達とヨーヨー釣りをして楽しむ清水由紀の姿を見てニヤニヤする相川壮介。

 

 

 

そんな相川壮介に「相川さんのああいうのがタイプなんだ。分かりやすす」と言いながら笑う丹上さんです(*´∀`)

 

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。22話の詳しいネタバレはこちら>>

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 23話 【私にいっぱい出していいんだよ】

 

丹上さんのアソコを弄り続ける相川壮介です。

 

 

 

背後から股を広げられアソコを弄られる丹上さんを羨ましく思ってしまいました( 〃▽〃)

 

 

 

声が我慢出来ない丹上さんに「いいだろ。こんなとこ人来ないんだから」と言います。

 

 

 

そしてアソコだけじゃなく胸を弄り始める相川壮介です(*_*)

 

 

 

すると、丹上さんが突然「清水さんとはどこまでしたの?」と聞いてきます。

 

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。23話の詳しいネタバレはこちら>>

 

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 24話 【うるせーな。早く浴衣着ろよ】

 

挿入しながら丹上さんにキスをする相川壮介です。

 

 

 

丹上さんは必死で声を我慢しながらビクビクとなっています。

 

 

 

そして、丹上さんの中にたっぷり出してしまう相川壮介です。

 

 

 

「久々だったんじゃない?」と聞く丹上さんに「うるせーな。早く浴衣着ろよ」と言う相川壮介です。

 

 

 

冷たい相川壮介に「なんでそんな機嫌悪いの?」と言う丹上さん。

 

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。24話の詳しいネタバレはこちら>>

 

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 25話 【相川くん手つきいやらしい…】

 

帰り道のバスの中で丹上さんと清水由紀に寄りかかられる相川壮介です(*´∀`)

 

 

 

山道を一時間、ずっとここ最近の出来事を思い出し考えています。

 

 

 

すると、山道のカーブの衝撃で清水由紀のシャツのボタンが外れ胸があわらになります。

 

 

 

起こしても起きないので、胸元を隠してあげようとする相川壮介です。

 

 

 

すると、ぐらついてしまった相川壮介は清水由紀の胸に手が当たってしまいます(*_*)

 

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。25話の詳しいネタバレはこちら>>

 

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 26話 【私の事好きだからこういう事してきたのよね?】

 

「ここで止めるなんて酷いです。丹上さんにはエッチな事沢山してたのに」と言う清水由紀です。

 

 

 

そして「昨日私影からずっと見てたんですよ」と言う清水由紀です。

 

 

 

清水由紀に見られていたなんて想像していなかったのでビックリでした。

 

 

 

清水由紀は「砂生ちゃんは嘘つきです。みんなが楽しければそれでいいなんて。私にはそんな事出来ない」と言います。

 

 

 

それを横で聞いている丹上さんです。

 

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。26話の詳しいネタバレはこちら>>

 

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 27話 【帰ったら二人に話そうと思ってたんだ】

 

キスをし、アソコを弄る相川壮介です。

 

 

 

そんな時、清水由紀は横で起きて見ている丹上さんと目が合います。

 

 

 

目が合った瞬間、笑みを見せる丹上さんでした。

 

 

 

女の戦い、怖いなと改めて思いました(”;)

 

 

 

それから清水由紀はどんどん乱れていきます。

 

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。27話の詳しいネタバレはこちら>>

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 28話 【女は好きな人の為なら何でもするのよ】

 

それから天井が治り、みんな別々に暮らす事になりました。

 

 

 

相川壮介は、丹上さんのバイト先のカフェに行ってみます。

 

 

 

そんな相川壮介に丹上さんが気付きやって来て「なんできたのよ?」と話しかけてきます。

 

 

 

「あと少しで休憩だから待ってて」と言う丹上さんです。

 

 

 

丹上さんの休憩時間になり、スタッフルームにいる二人です。

 

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。28話の詳しいネタバレはこちら>>

 

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 29話 【今日はどうなさいますか?お客様】

 

丹上さんに膝枕されながら丹上さんの胸を舐め続ける相川壮介です。

 

 

 

丹上さんも、「はぁ…はぁ…」と感じてしまいます。

 

 

 

その時、スタッフルームのドアがノックされました(”;)

 

 

 

ドアの向こうから「えっと…丹上さんいるのかな?」と言う声が、店長でした。

 

 

 

「まず…店長だ」と言う丹上さんです。

 

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。29話の詳しいネタバレはこちら>>

 

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 30話 【ゆっくりでいいから答え出してね】

 

下から突き上げていたと思っていたら、次は正常位で責め始める相川壮介です。

 

 

 

丹上さんも声を押さえる事が出来ず、喘いでしまいます。

 

 

 

そんな二人の声をスタッフルームの外で店長が聞いていました((((;゜Д゜)))

 

 

 

そして、二人のエッチが終わりました。

 

 

 

「ここまでやっていいとは言ってないでしょ」と怒る丹上さんでした。

 

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。30話の詳しいネタバレはこちら>>

 

 

 

 

『女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。』はコミなびで読むことができます。

 

 

無料試し読みもできますのでまずは無料で読んでみてくださいね!

 

 

↓こちらから読むことができます。

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。