女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 無料 ネタバレ 25話 【相川くん手つきいやらしい…】

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

ハンディコミック[女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。]LP1※スマホ専用

 

 

 

こんにちは!ミカです(*^^*)

 

 

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。25話を読んだネタバレ感想を書いていきます(^-^)ゝ

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

 

前回のネタバレはこちらからどうぞ!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 無料 ネタバレ 24話 【うるせーな。早く浴衣着ろよ】

2017.07.13

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。25話を読んだネタバレ

 

ハンディコミック[女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。]LP1※スマホ専用

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。の第二十四話の内容が、

 

 

 

丹上さんに告白されたことを真剣に考える相川壮介のシーンで終わりました。

 

 

 

第二十五話、悩む相川壮介がどうなっていくのか楽しみです。

 

 

 

帰り道のバスの中で丹上さんと清水由紀に寄りかかられる相川壮介です(*´∀`)

 

 

 

山道を一時間、ずっとここ最近の出来事を思い出し考えています。

 

 

 

すると、山道のカーブの衝撃で清水由紀のシャツのボタンが外れ胸があわらになります。

 

 

 

起こしても起きないので、胸元を隠してあげようとする相川壮介です。

 

 

 

すると、ぐらついてしまった相川壮介は清水由紀の胸に手が当たってしまいます(*_*)

 

 

 

それでも起きない清水由紀でした。

 

 

 

すると相川壮介は清水由紀のブラジャーを少しずらして乳首を弄り始めます。

 

 

 

その時、清水由紀が目を覚まし「相川くん…?」と言います。

 

 

 

「違うんです…これにはややこしい訳が…」と言う相川壮介に「やめなくていいですよ」と清水由紀が言います。

 

 

 

すると相川壮介は胸だけでなくパンツの中に手を入れ替えアソコを弄りながらキスをします( 〃▽〃)

 

 

 

横で丹上さんは眠っています。

 

 

 

「相川くん手つきいやらしい…」と言いながら感じる清水由紀です。

 

 

 

すると、相川壮介は突然、丹上さんの昨日の涙ながらの告白を思い出します(”;)

 

 

 

そして、相川壮介は手を止めます。

 

 

 

清水由紀が「相川くん…どうしてやめちゃうの?」と言います。

 

 

 

相川壮介は、丹上さんの事が好きなのかなと思う私でした。

 

 

 

ここで、第二十五話が終わりました((((;゜Д゜)))

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

ハンディコミック[女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。]LP1※スマホ専用

 

 

 

『女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。』を読むなら、電子コミックサイトがおすすめです

 

 

 

この漫画は内容がちょっとエッチなので人前で読むのは少し恥ずかしいと思います。

 

 

 

その点、電子コミックならスマホやタブレット・PCで、人の目を気にせず自分の好きな時に好きな場所で読むことが出来ますし。

 

 

 

一度買ったコミックは使用する端末でいつでも読み返すことが出来るので便利です(^-^)ゝ

 

 

 

無料の試し読みページが用意されているのも嬉しいポイントですね。本屋の店員さんの目を気にしたりもせず、ゆっくり立ち読みできちゃいます。

 

 

 

電子コミックは使ったことがない!という人は一度、試してみてはどうでしょう!きっと便利だと思いますよ!

 

 

 

無料試し読みはこちら!※スマホで読んでください!
↓   ↓   ↓
クリック!!

ハンディコミック[女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。]LP1※スマホ専用

 

 

 

続きのネタバレはこちらからどうぞ!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 無料 ネタバレ 26話 【私の事好きだからこういう事してきたのよね?】

2017.07.13